〒795-0061 愛媛県大洲市徳森2413-5 TEL:0893-25-6071

矯正歯科

新谷駅の有馬歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

HOME»  矯正歯科

矯正治療について

矯正治療は症状によって、治療開始の時期が変わってきます。

早い時期に治療をしたほうが良いケースもありますし、永久歯がある程度生え揃ってから治療をした方が良いケースがあります。

成人の場合でも矯正治療は可能です。
最近は、口元への美意識の高いことから審美的に改善することはもちろん、虫歯や歯周病の予防を目的として、多くの方が矯正治療を行っています。

歯並びや噛み合わせが気になる方は、是非一度お気軽にご相談下さい。

当院での矯正治療は、実際に歯を動かすのみならず、歯がきちんと並び、しっかり噛めるようになるための土台づくり、すなわち「咬合の育成」を基本方針としています。

多くの歯列不正は顎の発育不足から生じます。

そのため成長発育中の子供には、それぞれの発育段階を考慮した治療が必要です。

矯正治療による効果

審美性

歯並びでお顔の印象は大きく変わります。

整った美しい歯並びは美しい笑顔をつくり、相手に好印象を与える重要なポイントであると言えます。

咀嚼機能

歯の最も大切な役目は食べる(咀嚼する)機能です。
前歯で食べ物を噛み切り、奥歯で噛み切られた食べ物をすりつぶして、食道を通じて飲み込みます。

咀嚼機能の低下は胃腸障害の原因にもなります。
また噛む刺激が脳に伝達し、体の成長にも大きく影響してきます。

発音

歯並びや歯の喪失は発音に大きな影響を与えます。
歯並びが悪い方や歯の喪失本数が多い方の発音は、とても聞き取りづらく、コミュニケーションにも悪い影響を与え、精神的にも大きなストレスがかかります。

口の周りの筋肉にも影響してきます。

虫歯・歯周病の予防

虫歯も歯周病も細菌感染症です。

歯並びが悪いと、食事の後の汚れを取りづらく、細菌の巣であるプラークや歯石が残りやすく、虫歯や歯周病になりやすいといえます。

顎関節症の予防

顎関節症は耳の前あたりにある下顎の関節のことで、口を開けたり閉じたりした時に動いている部分です。

「顎の関節が痛い」、「顎を動かすと音がする」、「口が開かない、または開きづらい」といった症状が特徴です。

最近、特に若い女性の方に増えています。顎関節症の方の中には下顎が横にズレていて、顔がゆがんでいるケースも多く見られます。
また、頭痛、肩こり、腰痛など全身症状を併発している方も稀ではありません。

床矯正

歯を抜かないで治療できる床矯正

床矯正とは「顎を広げて歯を並べる歯科矯正」です。

すなわち発育途中にある子供の顎の骨の成長を促進することで歯を抜かずに矯正を行う方法です。

骨の成長を利用する治療法ですので、歯を無理やり動かさず自然に歯並びを整えることができます。

  • 基本的に歯(永久歯)を抜きません
  • 一般的な矯正治療と比べて低費用です
  • 取り外しができる装置を使用します


T4K

しかしながら、すべてが床矯正で対応できるとは限りません。

床矯正以外にも、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置をつけ、ワイヤーの力で歯を動かす「ワイヤー矯正」や各種マウスピース型矯正装置(Essixアプライアンス、ムーシールド、T4K、マイオブレースなど)を使用した矯正治療も行っています。

PAGE TOP